HOME > BOOKS > 指導参考書(実践例・理論) > 一歩進んだ日本語文法の教え方1




一歩進んだ日本語文法の教え方1


庵功雄 [著]

定価:1,400円+税
A5/176頁
ISBN:9784874247365 C1081
2017年6月刊行


文法項目は、典型的なルールと少しの例外を頭に入れて無理のない導入を図ることが大切。「第1部:文法項目を導入するときに考えるべきこと」では、初中級で問題となる10項目を選び、導入方法を解説。「第2部:用語編」では正確に理解しておきたい用語、「第3部:発想編」では、導入時の心構えや研究につながる考え方などを紹介。「重要だけど教えにくい」文法導入の悩みがこれで解決。全2巻:2巻は今秋刊行予定。

詳 細
【目次】
第1部 文法項目を導入するときに考えるべきこと
1 「他動詞」のいろいろ~を,に,と~
2 もう一歩進んで考えてみると~「に」と「で」~
3 条件が4つあるって本当?~と,ば,たら,なら~
4 時の表し方のいろいろ~まで/までに,あいだ/あいだに,うちに~
5 逆接の表し方のいろいろ~ても,のに,けど/が~
6 人の思いはさまざまで~と思う~
7 論文で大切なこと~「と考えられる」と「と考えられている」~
8 母語の影響を考えると~に対して,にとって,について~
9 それを教えてほしかった~文脈指示のソとア~
10 産出の難しさ~結果残存のテイル形~

第2部 用語編
1 品詞
2 活用
3 活用(形)に関わる用語~テ形,タ形~
4 文体とその関連概念~丁寧体,普通体,丁寧形,普通形~
5 無標と有標
6 正用,誤用,非用~学習者言語についての見方~
7 肯定証拠と否定証拠~文法教育に必要なもの~

第3部 発想編
1 理解レベルと産出レベル
2 日本語とニホン語~母語話者の文法,非母語話者の文法~
3 産出のための文法~「100%を目指さない文法」の重要性~
4 母語の知識を活かす
5 「入れたのに入らない」~教える側の問題~
6 「台本」を考えよう
7 常に「説明」を考えよう